データベースエンジニアの職場での指導状況

データベースエンジニアはデータの取り扱いを一般的に取り扱う仕事であり、クライアントが利用するデータベースシステムの開発から、既存のシステムの管理、膨大なデータの解析やそのために必要なアルゴリズムの開発等を幅広く扱う。この専門職を選んで仕事に就くと、基本的には独力で学ぶことよりは職場の先輩の仕事についていって仕事内容について学ぶことが多い。その担うべき仕事の幅が広く、職に就くまでに学んできたことと現場で必要とされることのギャップが大きいため、その間を埋めるための実践的訓練が不可欠になるからである。

その多くの時間はデータベースの扱いとなることが多いものの、クライアントの要望に応じたソフトウェアの開発やアルゴリズムの考案が必要となることや、解析したい内容についての詳細な打ち合わせが繰り返し必要になることから、クライアントとのやり取りをしている時間も長い。そのためオフィスに留まっている時間も外出してクライアントとのやり取りをしている時間とが共に多いのが特徴となっている。

キャリアパスとしてはそういった先輩に教わる指導経験を受けると独立してデータベースエンジニアとして仕事を担うようになり、続いて後輩の指導を行う立場になる。そういった指導経験で注目を浴びると抜擢されて昇進できるようになってくる。そういった縦向きのキャリアパスが比較的しっかりと作られているのがデータベースエンジニアの職場の特徴である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress and Sweet Tech Theme